せぶんずろぐ

~コンビニエンスストアのおすすめ商品やお得な情報や好きなことを綴っています~

セブンで販売されているカップ麺が変わりました!→美味しさの秘密は麺とスープが別々になったこと

こんにちは、せぶんです

 

セブンで販売されているカップ麺が最近になって変わりました。

 

しかも・・・かなり美味しい!

 

コンビニで販売されている商品はいつもリニューアルされていってるんですが、今回のリニューアルはちょっと驚きです。

 

どこまでいくのか?コンビニ商品・・・。

 

ということで、今回はセブンのカップ麺について紹介していきます。

 

ちなみに、セブンのカップ麺というと蒙古タンメンを思い浮かべる人が多いかもせれませんが、この記事では温めて食べる方のカップ麺ですのでご注意ください。

 

 

セブンのカップ麺は何が変わったの?

f:id:seven-spot:20191029005901j:plain

 

ということで、最近のセブンで販売されているカップ麺が劇的に変わったのは知っていますか?

 

いや、知らん・・・。っていうか、ラーメンとかうどんとかは店で食べるし・・・。

 

いやいや、ちょっと待ってください。

 

ちょっと今回のリニューアルは本当にすごい!というのは食べてもらえば伝わるんですが、何が変わったのかというと・・・

 

カップの中にあるスープと麺が別々になりました。

 

ふーん・・・。で??

 

となるかもしれませんが、ただ麺とスープが別々になるだけでこんなに違うの?となるくらいの化学反応です。

 

例えば、ラーメン屋さんの調理工程を思い浮かべてみてほしいのですが、だいたいこんな感じですよね。

  1. 麺を茹でている間にスープの温度をあげる
  2. 麺が茹で上がったらスープの中に麺を投入
  3. あとはトッピングをすれば完成

自分のお気に入りのお店で食べるのは格別です。というか、美味しくて当たり前です。

 

でも、もしそれに近い味が近所のコンビニで販売されているとしたらどうでしょうか?

 

しかも値段は・・・って、いうほどそんなに変わらないか。笑

 

まぁ、有名店とかと比較すると全然お得なんですけどね。

 

今まではどんな感じだったっけ?

じゃあ、今までの商品は?というと、もちろんよく出来ているなという感じです。

 

24時間いつでもあの味を楽しめるのは消費者としてはありがたいことでした。

 

これまでは、スープをゼラチン状にしていて、それを加熱することで本来の液体状のスープへとしていました。

 

じゃあ麺は?というと、そのゼリー状のスープの中に入っていたんです。

 

なので、食べていて気付いた人もいるかもしれませんが、やたら麺そのものが柔らかくなりすぎている。っていうか、一部は伸びてしまっている感じの食感がどうしても感じられていたんですね。

 

とはいえ、味はよくできています。スープなんかはこれホントにコンビニの商品か?と思うくらい美味しいし、麺の方も毎年コシなんかが変わってます。

 

セブンではうどんに力を入れているみたいで、昨年あたりからやたらうどんの麺が変わりました!って猛烈にアピールしていましたよね。

 

冷たい麺を食べてもらうとわかるんですが、食べてみると実際にかなり変わってます。

 

うどん自体のコシはもちろんのこと、もちもちとした食感にツルッとした喉越し。以前と比較するとよくここまでできたな、と驚くくらいのレベルです。

 

でも問題点が一つありました。

 

それはラーメン。ラーメンといえばやっぱり硬麺。ラーメンは少し硬いくらいの硬い麺=硬麺がいちばんおいしい!

 

ですが、これまでのコンビニのカップ麺では硬麺を再現することは無理だったみたいです。

 

だって、初めからスープと一緒に麺が入ってるから。

 

なんでスープと一緒に入ってるとダメなの?というと、商品を加熱している間にどんどんスープの中へと麺が沈んでいきます。

 

沈んでいくということは、スープを温める→麺も一緒に茹でられてしまう→フニャフニャの麺が出来上がる。

 

ということ。

 

スープは美味しいんですよ。スープはね。でも麺は・・・というのがこれまでのネックでした。

 

肝心の味の方はどうなの?

わざわざ記事にしてまで書いているんだから、味の方は当然いいってことだよね?

 

となりますよね。

 

これは一言。食べてもらえばわかります。

 

たかだかカップ麺とはいっても、一通りの種類が揃えられています。

 

うどんにそば、ラーメンにちゃんぽんなどなど。

 

特にラーメンなんかは醤油、豚骨、味噌、と全部揃ってますからね。

 

関東の人は醤油、北海道の人は味噌、九州はもちろん豚骨。という感じで、どれも楽しめるようになっていますよ。

 

販売してる商品のメニューは?

うどんだのそばだの、それなりに種類があるのはわかったけど、具体的にはどんな商品があるの?というと・・・

  • 豚骨ラーメン
  • すみれ監修の味噌ラーメン
  • 醤油ラーメン
  • タンメン
  • ちゃんぽん
  • 中華そばとみ田が監修した豚ラーメン
  • ごぼう天うどん
  • 肉うどん
  • かき揚げそば
  • 海老天そば 

 

こんな感じで、ありとあらゆるメニューが揃えられています。関東の人なら聞いたことはないと思われる「中華そばとみ田」なんかはメディアでも取り上げられていましたが、お店の味を再現できてるそうですよ。 

 

おすすめ商品ってある?

中でもオススメなのはラーメンとうどんです。

 

食べてもらうとわかりますが(このフレーズ何度目だw)、麺の状態がぜんっぜん違います。

 

スープが美味しいのは前から変わりませんけどね。

 

九州の人なら豚骨ラーメン、関東の人は醤油かとみ田のラーメン、北海道の人はすみれでしょうか。

 

日本全国のあらゆる地域の商品を味わうことができる、というのがコンビニの醍醐味の一つ。

 

気になる商品をぜひとも試してもらえればと思います。 

 

まとめ:たかだかコンビニのラーメンがここまで進化しました

ということでまとめていくと、見出しの通りで、近所にどこにでもあるコンビニのラーメンがここまで進化しました。←ラーメン以外も同じです

 

これまでのカップ麺はレンジで加熱する→スープと一緒に麺も茹でるようになる→フニャフニャの麺が出来上がる

 

でしたが、今回の麺とスープが別々になることで

f:id:seven-spot:20191029010012j:plain
f:id:seven-spot:20191029010021j:plain

 

  • スープはゼリー状→液体へと改良
  • スープと麺が一つの容器の中で別々に温められる
  • ”上蓋に乗っている麺と具材” を温められたスープの中へ投入
  • お店で食べているかのような食感を再現することに成功
  • 一度食べると病みつきになるような味

 となりました。

 

ちょっと帰りが遅くなって、いつものお店がしまってる時とかはぜひ思い出して試してもらえると嬉しいです。