せぶんずろぐ

~コンビニエンスストアのおすすめ商品やお得な情報や好きなことを綴っています~

ヤバイ!ブログのネタが切れた→ネタがないということがネタになりますよ

こんにちは、せぶんです

 

 

ヤバイ!ネタがない!!

 

 

という事で、ブログに書くネタがついに切れてしまいました・・・

 

 

 

 

まだ94記事目なんですが、来るべき時がついにきてしまったか・・・という状況です。

 

 

 

 

このブログでは主にコンビニネタを扱っていますが、コンビニの仕事やらサービスの内容なんてコンテンツとして作成できる数なんか知れてるじゃないですか?

 

いくら本業でやってるとはいえ、もともとが口下手な人間が文章でこれがこうで、あれがこうで・・・だからこうなるんだよ。うまく伝わったかな?

 

なんてことが、そんなにつらつらと書けるわけありませんよね。ただでさえ言葉で伝えるのが下手な人間なのに、文章だったらうまく伝わるんじゃない?と考えること自体がムリゲーです。

 

ということで、今日は何を書こうかな?と色々考えてみた結果、何にも浮かびませんでした。笑

 

とはいえ、最近ではどのワードがどれくらい検索されていて、上位表示されているサイトはこんなサイトで、ここなら行けるかも知れない・・・。

 

などと甘ーい夢を見つつ書き続けています。

 

そんな感じで、今ではキーワードを検索することが趣味になってます。

 

キーワード「〇〇」→検索→微妙→ボツ

キーワード「〇〇」→検索→ヒット→書けないのでボツ

キーワード「〇〇」→検索→ボリューム少ない→ボツ

 

こんな感じで毎日いいワードはないかなー?と検索を続けています。

 

ここまで読んでもらえた方はお分かりかも知れませんが、この記事は「ブログのネタがない」ということをネタにした記事にしました。

 

先月からいろんなことをあれこれと実験してまして、何が一番効率よく行けるのかな?ということを日々模索している、という感じです。

 

ということで、今日はそんな感じでマイペースに進めていきます。

 

 

ネタがないということはほとんど無いけど、それよりも書くための時間がない

f:id:seven-spot:20191026012531j:plain

 

上記の通りで、実はネタがないということはありません。

 

そうやって書いて行った記事にアクセスが集まるのかというのはまた別の話になりますが・・・。笑

 

でもブログを書くための時間がないというのは本当です。ほとんどの人は一緒だと思うけど、本業がありますからね。

 

正社員であれば、最低でも1日に8時間は拘束をされることは確定事項です。ブログをやっている人は、そこから今日は何を書こうかな?よし、これにしよう!

 

という感じで進めていってそうなイメージなのですが、本音としてはもう本業だけで疲れてるわけです。

 

ブルーカラーとホワイトカラーでそれぞれ疲労する場所は違うと思いますが、とりあえず疲れた!これが両者の共通点ではないかと思います。

 

で、一人暮らしをしている人だと仕事終わる→すでにヘトヘト→家事もしないといけない→今日はブログいっか(妥協する)

 

こんな流れになる事の方が多いですよね。

 

なので、本業の疲れをとることが最優先となってブログを書くための時間を確保することが難しくなります。

 

そんな環境の中で更新を続けている人はすごい。だって、ほとんどの人は出来ませんから。と考えるようにするとモチベーションが上がります。

 

ネタが・・・よりも。これって書いたところで読まれるのかな?と考えてしまう

f:id:seven-spot:20191026012233j:plain

 

という事で、ネタがないということはありませんが、そんなことよりももっと気になることがあるんです。

 

それが何か?というと、そもそもこれ「書いたところで読まれるの?」

 

ということ。

 

内容が良ければ読まれるんでしょうけど、そもそも内容が良い記事を書くことができているのか?というところで延々と自問自答を繰り返していきます。

 

で、今日はこれにしようかな?というワードを決めたは良いものの、ある程度書いてみたところで「ちょっと待った、これ読まれるかな?」

 

みたいな流れで、書く→やっぱり消す→検索する→もう一度書く→やっぱりやめる

 

のような負のループに入ってしまいます。

 

こうなるともう大変でなかなか抜け出すことができません。笑

 

まとめ:ホントにネタがないときは「ネタがないこと」をネタにするのも良い

ということで、見出しの通りです。

 

すでにアクセスを集めることができている人は淡々と作業を進めていくことができるのですが、アクセス数がまだ思うように集まらない・・・。

 

という人はもう死活問題です。

 

だって、一生懸命に書いた記事が誰にも読まれない。こんな寂しいことはないじゃないですか。

 

せっかく頑張って書いた記事なんだから、書き手としては一人でも多くの人に読んでもらいたいですからね。

 

とはいえ、この記事のようなあまり内容のない記事はあまり読まれることはないと思います。

 

というのも、検索をして訪れた誰かの役に立つような記事である可能性は低いから。

 

なので、ホントにこれは困った!というときはそんなものを活用してみるのもありですが、なんか手が進まないなという時は何かをインプットする時間に当ててみるのも良いと思いますよ。

 

その時に気をつけたいこととしては、何かをインプットして満足するだけではなく・・・

 

インプットする→アウトプットをする

 

この習慣をつけることで自分の脳内にインプットをした内容が本当の意味で記憶されるようになります。

 

よくある勘違いで、私は一月に本を何十冊も読んでます。みたいな人がいますが、読むだけではダメで、その読んだ本の内容をアウトプットすることで初めてインプットをすることができるんですね。

 

アウトプットをしない人は約2週間くらいで、読んだ本の内容を忘れてしまうと言われます。

 

それを忘れないようにするのに必要なことがアウトプット。

 

やり方は簡単で、文章に書く、誰かに言葉で話す、繰り返し自分で呟く。このようなことを何度か繰り返すことで、自分の脳内の引き出しの中へ記憶としてインプットをされるようになります。

 

小学生の時の算数やドリルなどがそれに近いんでしょうね。

 

ということで、新しい情報を仕入れた時にはインプット→アウトプットの順で繰り返していくと良いですよ。

 

ネタがない時はネタを仕入れる→それをアウトプットすれば良い、という話でした(=゚ω゚)ノ