せぶんずろぐ

~コンビニエンスストアのおすすめ商品やお得な情報や好きなことを綴っています~

ポイントはどの商品でもつく?対象外の商品はどんなのがあるの?ポイントの使用期限は?ナナコポイントの気になる疑問を解決していきます

セブンで買い物をするときには必須アイテムの『ナナコカード』。どんな商品にも使えるの?なんでもポイントがつくの?溜まったポイントには期限とかないの?

 

 

 

こんにちは、せぶんです

 

 

 

今回はこのような疑問を解決していきたいと思います。

 

結論は、『ナナコカードであれば、全ての支払いをする事ができます』。ということは、ポイントも全ての商品に付きそうな感じですが、つかない商品もあります。

 

次に、ポイントの有効期限は『ポイントを取得した翌々年の3月末まで』使用する事ができるようになっています。

 

簡単にいうと、『最大で約2年間』はそのポイントを保有する事ができるという事です。注意点としては、翌々年の3月ですので、最短では2年を切るケースもあります。

 

この記事の内容

  •  ナナコ使用時のポイント対象商品について
  • 支払いはできるけど、ポイントはつかないもの
  • ポイントの有効期限と交換方法について

 

ここからは、詳しく解説をしていきます。

 

 

ナナコポイントとは?

f:id:seven-spot:20191002235122j:plain

セブンイレブン店内で、ポイント付与対象となる商品をナナコカードで支払いした時に、もらう事ができるポイントのことです。

 

ポイントの付与は税抜き200円の支払いごとに1P。

 

となっています。

 

ポイントがつく商品とつかない商品について

 どの商品にポイントがつくの?

 

ポイントがつく商品は以下の通りです。

  • 切手、収入印紙、タバコ、公共料金、各地域の指定ゴミ袋などを除くセブンイレブン店内の全商品
  • オムニセブン、セブンネットの支払い時
  • ナナコが使用できる加盟店での支払い時(加盟店の検索はこちらから

 

この中でも注目したいのは、ボーナスポイントのつく商品たちです。

 

中には対象の商品を購入すると50Pから100Pという破格のポイント数がつく商品もありますので、店内を注意してみてみると楽しみが一つ増えますよ。

 

他にも、缶コーヒーやお茶・水・炭酸飲料などでも10Pのボーナスキャンペーンが毎月行われていますので要チェックです。

 

ではポイントがつかない商品はというと

  • 切手、ハガキ、収入印紙、年賀ハガキ
  • タバコ、地域指定のゴミ袋
  • 公共料金の支払い
  • セブンネット以外のインターネットの支払い
  • プリペイドカード、POSAカード

などが挙げられます。

 

切手やハガキなどの非課税商品にはポイントをつける事ができない仕組みになっているそうです。ゴミ袋や公共料金の支払いなども同様の理由ですね。

 

ここまでは知っている方も多いと思いますが、このような支払い時にポイントをつける方法があります。

 

それは『セブンカード・プラス』を経由したオートチャージの使用時。

 

オートチャージとは、ナナコカードが指定した残高を下回った際に自動でチャージをしてくれる機能のことです。詳しくはこちらから

 

このオートチャージ機能を使用する事で、『チャージの際にナナコポイントをもらう事ができる』ようになります。

 

なので、この機能を利用する事で実質的にはポイント対象外となる商品の支払い時でもポイントがもらえるようになる、という事です。

 

ナナコの残高には使用期限はありません

ポイントカードと聞くと、どうせ使用期限があるんでしょ?と思われがちですが、『ナナコの残高には使用期限はありません』

 

ですが、ナナコ支払い時にもらえるポイントには有効期限があります。

 

ポイントの有効期限は最大で『約2年間』

ポイントの有効期限は最大で『約2年間』となっています。

 

毎年1月からその年の3月末で有効期限が切れるナナコポイントがレシートにほゆ時されるようになっていますので、そちらを気をつける事でポイントの失効を防止する事ができます。

 

詳しくはこちらから 

 

ポイント交換の流れについて

ナナコポイントの交換はどのようにすればいいの?

 

ナナコカードのポイントを交換するときは以下の手順で行なっていきます。

  1. レジで『ポイント交換』の希望を伝える
  2. レジ画面に表示される『全て、または一部』のどちらかの部分をタッチする
  3. ナナコカードをかざす
  4. 指定したポイントがナナコの残高へと移行する

という感じです。

 

全部を交換する時は、所持するポイントが全て移動するので問題はありませんが、一部を交換したい時は『ポイント移行したい額』を店員さんへしっかり伝える必要があります。

 

これがうまくできていないと、あなたの希望していたポイントの移行額とは違う金額が加算されることもあります。

 

というのも、移行をしたポイントは再度ポイントへ戻すことはできません。

 

なので、希望するポイント移行額はしっかりと伝えるようにしましょう。

 

まとめ:仕組みを理解して、上手にポイントを貯めていこう

 今回の記事をまとめていきます。

  • ナナコカードであれば、セブンイレブンでの支払い全てをする事ができる
  • ポイントがつく商品は、切手、収入印紙、タバコ、公共料金、各地域の指定ゴミ袋などを除くセブンイレブン店内の全商品
  • ポイントがつかない商品もある
  • ポイントの有効期限は『最大で2年間』、カード残高の期限はない
  • ポイントの交換時は『交換を希望する額』をしっかりと店員さんへ伝える

 

ナナコカードを使用すると、2020年の6月まではキャッシュレス支払いによる還元2%を受ける事ができます。

 

それに合わせて、ナナコポイント、ボーナスポイント、セブンアプリ内のセブンマイルプログラム、セブンカード・プラスを経由したポイントの二重取り。

 

これらの全てを利用する事で、キャッシュレス還元の2%とナナコの0,5%、セブンマイルの0,5%、セブンカード・プラスのオートチャージ0,5%。

 

合計で3,5%の特になります。

 

利用する人ほどお得になるという事です。色々な情報が飛び交っていますが、その中からどれを選択していくのか?

 

それぞれの仕組みやメリット、デメリットを確認していく事が必要だと思います。