せぶんずろぐ

~コンビニエンスストアのおすすめ商品やお得な情報や好きなことを綴っています~

職場の人手不足について→求人広告サイトを1年間ずっと使用し続けたらこうなりました

こんにちは、せぶんです

 

人材を募集する際に多くの人が利用するインターネットでの求人。私の店舗でも長いことお世話になっていました。

 

以前であれば紙面での求人をかけるだけで、そこそこの効果を体感できていたのですが、いつからか全くと言っていいほど反応がなくなってきます。

 

それなら別の方法でと言うことで、ネット媒体をしようした求人に広告費を払い掲載するようにすると、誌面での求人と同様にそこそこの効果が体感できることに。

 

では今は?と言うと、ほとんど反応がありません。なので、今ではネット媒体の求人広告すら利用しなくなりました。

 

理由は経費の無駄だから。

 

人材を確保するために投資をすることは必要ですが、それはあくまで確保ができる見込みがある、と言う前提のもとでの話。

 

私の店舗では多い時では一月に3万円ほどの求人広告費を支払っている時期がありました。

 

1ヶ月:3万円 × 12ヶ月=36万円

 

数字で書き出してみると、このようなイメージになります。この金額を使用しても応募者は来ませんでした。36万円も投資してですよ?

 

なので、私の場合では36万円という金額を捨ててしまったんですね。

 

この広告費が高い安いと言う判断については、事業の規模により異なることでしょう。私のケースではコンビニという事業を行っているので、広告費としては採算が合わないという判断になりました。

 

ということで、ここからはさらに具体的にお話をしていきます。

 

 

求人広告を利用した際の掲載費用について

f:id:seven-spot:20191022173555j:plain

 

インターネットで企業の求人を探したり、ハローワークなどの仕事情報を見たりしたことがあるという方は多いですよね。

 

自社のHPなどで採用情報や求人情報というものを記載できる企業であれば、この広告費というものは当然ながら発生しません。

 

ところが、そのようなHPを持たない私たちのような店舗の際であれば、うちの店も従業員募集していますよ、ということを伝える方法が基本的にはないんですね。

 

あるとすれば、店内でのポスター掲示や手書きのハンドビルなどのPOPを通して見せることくらい。

 

例えばセブンのHP内にも採用情報として、加盟している2万店の求人情報の記載はしてありますが、果たしてどれくらいの人数が見ているのでしょうか。

 

よっしゃ!どこのセブンがバイトを募集してるか探してみよう!と検索をする姿はちょっとイメージが湧きませんからね。笑

 

とまぁ、こんな感じですので、早急に人材を確保したいと考える時にはネット求人の方が便利です。登録とかも簡単だし管理も楽です。クリックするだけですから。

 

では費用的にはどれくらいの費用がかかるのかというと、最大で数万円以上もする広告掲載プランもあります。

 

ちなみに広告の掲載期間はというと、基本的には週単位で最大1年とかのプランもあります。

 

ちょっと整理してみると 

  • 広告の掲載費用は最大で数万円するものもある
  • 掲載期間は週単位で最大だと1年などというものもある

 

なので、仮に募集が来るまでは掲載を続けよう!と考えた時には、2週間で15,000円のものを1ヶ月掲載し続けると「月に3万円の広告費」がかかるようになってしまうということです。

 

それで人材難から逃れることが出来るのであれば別に悪くない投資なんですけどね・・・

 

応募者がゼロだったときは保証について

とはいえ、応募者がゼロという時もあります

 

ちなみにうちはこっちの方が多い。では、それなりに広告費を使って掲載をしたにも関わらず、応募者がこなかった・・・。

 

そんな時の保証はあるの?というとありません。 

 

なので、今回もタイミングが合わなかったか・・・、と自分に言い聞かせるだけです。彼らは特にフォローをしてくれるということはありません。一応、残念そうにはしてくれますけどね。笑

 

彼らの仕事はあくまでも広告の枠を販売する仕事、私たちはその枠を利用させてもらっているただの顧客。なので、彼らは枠が売れているからビジネスとしては成り立っているということです。

 

店舗の責任者をしていると、求人掲載に関する電話が集中してかかってくる時期があります。

 

「株式会社〇〇です。今なら本来〇〇のものが△△でご利用が可能となっています」

 

みたいな感じです。このような電話などに当たったことありませんか?

 

中では丁寧にお断りさせてもらいますが、中にはどのような内容であれば利用するか?ということを質問してくる企業もあります。

 

その際に伝え続けているのが、この保証の件です。それが変わることがあれば連絡をお願いします。というようにしています。

 

それでも私の店舗が広告を掲載した理由について

f:id:seven-spot:20191022174006p:plain

 

それでも利用をし続けた理由は一つで人材が不足していたから。ひどい時は7〜8人で運営していました。

 

この環境になると、まともな思考などできるはずもありません。

 

少し見づらいかもしれませんが、その当時の勤務表がこれです。

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

緑色の部分が私の部分でして、これを365回繰り返すイメージです。なので、休日など取れるはずもありませんでした。

 

見てもらえばわかるのですが、1日の労働時間は最低で12時間。一月を30日として計算すると月間で360時間。もちろん、手当てなどはありません。まぁ、そんなもんですね。

 

このような状況を抜け出すためには、費用対効果がどうなどと言える状況ではありませんよね。なので、24時間いつでも募集してますよと告知をしてくれるネット求人を利用したというわけです。

 

今はもう利用していません。

f:id:seven-spot:20190924180652p:plain

 

じゃあ今も利用しているの?というと、今は利用していません。

 

というのも、そこまで経費を割いてまで求人募集をするということへの必要性を感じなくなりました。

 

現状ではショットワークスのようなサービスの方が現実的ですね。 

 

私の店舗の場合はもともとが人材の集まりにくいところへ出店してあり、これまで何度も応募は出してきた結果ですので、これからも変わらないでしょう。

 

ところが不思議な話ではありますが、ちょっと今は募集してないんだよね・・・。という時に限って募集が来たりします。

 

その逆で、まさにこれから人材が欲しいという時には、空気を読んだかのようにパッタリとそういった連絡が途絶えてしまいます。

 

なので、こない時はこないものと割り切って考えることも大切ということです。

 

そして、自然にくる時もある。もう流れに身を委ねることにしています。

 

まとめ:ネット求人でどうしても応募がない時は他の方法を考えてみるべき

一般企業の場合であれば、広告費にかけれる予算が違いますので、当てはまらないこともあるかもしれません。

 

私たちのようなコンビニや個人経営を行っている店舗などでは、求人広告費にかけれる費用には限りがあります。

 

なので、何度も応募をしても状況が変わらないという時には他の方法も視野に入れてみるべきです。

  • 店頭やトイレなどのスペースに手作りで広告を作成してみる
  • 今いる従業員さんに紹介をお願いする
  • ハローワークでも求人の登録を行う
  • 近隣の時給ベースなどを調査してみる
  • この人に働いてもらいたい!と感じる人へ直接アプローチをかける

このような感じですね。特に最後の直接的なアプローチは効果が大きいですよ。

 

アプローチというよりはスカウトに近いのですが・・・。もはや本業とは何の関係もないような気がしますが、良ければ試してくださいね。