せぶんずろぐ

~コンビニエンスストアのおすすめ商品やお得な情報や好きなことを綴っています~

アルバイトを退職したい、辞めたい・・・。やめる理由は正直に伝えるのが一番おすすめです

よっしゃ、バイトして自由に使えるお金を稼ぐぞ!という気持ちではじめたアルバイト・・・。

 

ところが、いざ実際にやってみると自分が考えていたのとちょっと違う・・・。

 

とにかく頑張ろうという気持ちから、やっぱりやめようかな?→いつでやめよう?→でもなんて言えばいいんだろう。ブッチしたりはしたくないし・・・。

 

こんな風に感じたことはありませんか?

 

 

こんにちは、せぶんです

 

 

アルバイトを円満に退職するにはどうしたらいいのか?今回はこのような方へ向けた記事になっています。

 

では、どのように伝えればいいのか?

 

答えはシンプルで、「あなたが感じている理由をそのまま伝えればいいだけ」です。

 

中には変に話を作ってみたり、ウソで固めたりする人もいますが、基本的にはこれは本当のことではないということがバレています。

 

バレるわけないじゃん!と思うかもしれませんが、相手も大人です。あなた以上に多くの経験をしてきている人がほとんどです。

 

ということで、正直に理由を伝えることが一番ベストな方法なので、ウソをついたりしないように気をつけてくださいね。

 

辞める理由は人それぞれなので、あなたが感じていることをそのままの形で伝えれば大丈夫ですよ。

 

ここからは、それらの理由について詳しく解説していきます。

 

 

正直に伝えた方がいい理由とは

f:id:seven-spot:20191027022141j:plain

 

これはアルバイトを休むときも同じことが言えるのですが、職場の上司はその人が話していることが事実かどうかの判断をする能力は持っている人の方が多いということからです。

 

というのも、その職場の責任者として会社に配置されるまでに色々な人をみてきています。だからわかるんですね。

 

また、あなた自身も心の底ではあまり迷惑はかけたくない。または嫌なやつだと感じられるのは避けたいと感じていることでしょう。

 

でも辞めたい。それは仕方のないことです。その結果を出すまでに色々と悩んだわけですからね。

 

辞めることを止めるつもりはありませんが、このような理由で辞めたいと考えています。ということはしっかりと伝えるようにしましょう。

 

今は何かとブッチする人が増えてきている時代です。

 

だからこそ、辞めるときでもきちんと自分の思いを伝えることで、あなたを採用してよかったと感じてもらうことができるようになりますよ。頑張って伝えてくださいね。

 

ウソはバレる事の方が圧倒的に多い

f:id:seven-spot:20191027021655j:plain

 

そんなのバレるわけないじゃん!と思いますよね?

 

例えばこんな話があります。

 

サービス業でアルバイトしている人(Aさん)がいたのですが、地元で開催される花火大会へいつものグループで行こうということになりました。

 

ところが、自分のシフトを確認してみると、その花火大会の日に自分の名前が記載されてあります。

 

困ったな、一緒にいく約束もしてしまったしどうしよう?ドタキャンするのも悪いし・・・。

 

ということで思いついたのは、「身内に不幸があったので休ませてほしい」でした。

 

このように相談すれば、仕事はとうぜん休めますよね。Aさんは軽い罪悪感は感じながらも、バレるわけないしまぁいっか。と友人たちと楽しい1日を過ごすことができます。

 

それから数日後・・・

 

いつものようにバイト先で仕事をしていると、いつもくる常連のお客さんから「Aさん、この間の花火大会で見かけたよ。友達と一緒に来てたよね?」と思いもよらない話をされます。

 

マズイ・・・。と思い辺りを見渡してみると、スタッフの視線がAさんに集中しています。

 

話しかけたお客さんは不思議そうな顔をしていましたが、こうなってしまってはどうしようもありません。

 

後日、Aさんは素直に謝って許してもらうことができたそうです。

 

この話で伝えたいことは、どこでみられているかはわからないので、簡単にバレるようなウソは言わない方がいいですよということです。

 

基本のスタンスは、立つ鳥跡を濁さず。できるだけ円満にするのがベストです

こんな言葉を聞いたことがありませんか?

 

立ち去るものは見苦しくないよう、きれいに始末をしていきましょう。という内容です。

 

簡単にいうと、仕事をやめるときはスムーズにやめるようにしましょう、ということ。

 

いつどこで、やめる職場の人とバッタリ会ってしまうかわかりません。波風を立てて辞めてしまうのは簡単ですが、そのような時にちょっと困りますよね。

 

別に他人からどう思われてもいいし。と考える方もいるかもしれませんが、ここは特に注意をしておいた方がいいですよ。

 

何日後に辞めると言えばいいの?

これは気になるところですよね。あなたの職場にもよりますが、一般的にはだいた1ヶ月前というところでしょう。

 

どのような職場にも就業規則というものがあります。書かれている内容はそれぞれで多少ちがいますが、基本的にはそこに記載してあるルールの中で進めていくことが一番です。

 

どうしてもすぐに辞めたい!

 

そんな人は民法上のルールの話と合わせて相談してみるのがおすすめです。

 

雇用の期間が定められていない場合は、辞めたいという意思表示をしてから2週間で辞めることができるようになっています。(民法627条より)

 

とはいえ、まずは1ヶ月後くらいで相談をしつつ、状況によってはこんな内容も見かけたのですがという流れが理想ですね。

  

次のアルバイトもあらかじめ探しておきましょう

f:id:seven-spot:20191027022009j:plain

 

バイトを辞めるのはいいのですが、また別のところでバイトしようと考えている人は先に次のバイト先を決めておいた方がいいです。

 

今は人材が足りないところの方が多いので、バイトが見つからないというのはそうないと思いますが、学費などをバイト代で賄っている人は死活問題になってきます。

 

とりあえずバイトを辞める→次のバイトが決まっていない→辞めてから探す→バイトをしない空白の期間が発生する→自分の収入が減る。これは避けたいところ。

 

なので、マイナビバイトやバイトル、フロムエーやアンなどの求人媒体などを使用するといいですね。

 

もしあなたがコンビニの経験があるようならば、ショットワークスがおすすめです。

 

ショットワークスは、最短で1日から働くことが可能なアルバイトを探せます。

 

利用する際には会員登録が必要ですが、登録料などの費用はいっさいかかりません。登録も簡単。5分程度ですぐにできますよ。

 

登録しておくだけでも損することはありませんので、どうしようかな?と考えている今のうちに登録だででも済ませておくのがいいでしょう。

 →1日から働ける激短バイト!ショットワークス

 

まとめ:辞めるときは正直に伝える→次のバイトも探すなら先に決めておきましょう

では今回の記事をまとめていきます。

 

  • アルバイトを退職する時は正直に伝えるべきで、ウソをついてもバレます
  • 辞めるまでの期間は一般的には1ヶ月なので、就業規則と合わせて相談するべき
  • 次もすぐにバイトをする人は、辞めてからもすぐ働けるように次のバイト先は見つけておくべき

 

このようにすることで・・・

 

とりあえずバイトを辞める→次のバイトが決まっていない→辞めてから探す→バイトをしない空白の期間が発生する→自分の収入が減る。から

 

期日を決めてバイトを辞める→次のバイトも決まっている→すぐに別の職場でバイトする→収入も変わらない。

 

こんな感じに変わります。全然違いますよね。

 

なので、結局はどこかでバイトをしないといけないというときには先に次のバイト先を探しておくと安心ですよ。下記のような媒体を利用するのもありですね。

 →1日から働ける激短バイト!ショットワークス