せぶんずろぐ

~コンビニエンスストアのおすすめ商品やお得な情報や好きなことを綴っています~

何でATMを使用するたびに、『手数料を払う』んだろうか?減らす方法ってないの?→ちなみに私は手数料なんて払っていません

『ATMを利用しても手数料を払わなくて済む方法はありませんか?』

 

 


 

 

こんにちは、せぶんです

 

 

 

今回はこのような疑問に触れていきます。

 

『お金を下ろし忘れた』、『予定外の急な出費が発生した』、『近くにメインで利用している銀行がない』、という時に、コンビニのATMを利用したことは、あなたもあると思います。

 

で、あなたはATMに行って『自分の口座からお金を引き出す』わけですが、ここで気なることが一つ。

 

 

その際の手数料がどれくらい発生しているかご存知でしょうか?

 

 

利用する時間帯によっては、必要となる手数料が倍になることもありますよね。

 

おおよそ、一度の利用で数百円くらいが発生すると思います。自分がメインで使用している銀行のATMであれば、もちろんこの費用が発生することはありません。

 

ところが、現実に生活をしていると、そこまで気が回らないというのが実際のところでしょう。私もそうです。

  • 生活動線には、いつも利用するメインバンクが存在しないから行けない
  • 仕事が忙しくて、いつもの銀行に行く時間がない
  • そもそも、休みが人より少ないから、自分の時間の方が惜しい
  • 基本的に家族に任せている
  • 別に気にしたことはない

 

こんな感じではないでしょうか?

 

で、次に浮かぶのはこんな疑問・・・

 

そもそも自分の口座からお金を引き出すのに、なんで手数料を手数料なんて払わないといけないの?

 

そんな小ちゃなこと気にしないでよくない?と思われる方もいるかもしれません。

 

例えば、これから10月になると消費税が10%になります。そうすると、たかだか2%とはいえ、じわりじわりと家計を圧迫してくる可能性が必ずある。

 

で、行き着くところは少し節約でもしようか。ということろへ、ほとんどの方が落ち着くのではないかと思います。

 

だったら、ATMの手数料なんて払わないでいいようにすればいいんじゃない?

 

とういうのが、結論です。

 

知っている人は知ってるんだけど、知らない人は初めて聞くであろう、このお話。

 

前置きが長くなってしまいましたが、少し掘って説明していきたいと思います。

 

 

f:id:seven-spot:20190927213705j:plain

そもそもなんで手数料が発生するの?

手数料が発生する理由は、主に以下の3つ。

  • ATM本体の費用コスト
  • 使用する際の電気や賃料
  • ATMを管理する人の人件費

出来るだけ便利に利用できる状況を作るためには、このようなコストがかかります。

 

いつも私たちが払い続けている手数料は、こんなところに当てられているということですね。

 

ATMを1ヶ月に3回のペースで利用し続けると、年間では約10,000円の手数料が発生している

では、年間で払っていると思われる手数料をちょっと計算してみたいと思います。

 

上記のように、1回の手数料=300円。1ヶ月に3回利用したとします。すると、一月当たりの金額は約1,000円。

 

1,000円 × 12ヶ月 = 12,000円

 

この数字を見てみてどのように感じられますか?

 

実際には、手数料が300円以下の時間帯にも利用することはありますので、おおよそで約10,000円くらいを手数料として払っているということ。

 

これが10年で10万、20年で20万、30年で30万・・・。こんな感じで考えてみると結構な金額ですね。

 

どうせなら、家族や恋人など『大切な人との思い出作り』に使い、楽しい時間を過ごしたいですよね。

 

手数料を無料にする方法

では、手数料を無料にするためにはどうすればいいのか?

 

というと、方法は以下の2つです。

  • メインで使っている銀行に手数料が無料になるサービスがないかを探してみる
  • いつも利用するコンビニATMの口座を開設してしまう

 

こんな感じですね。

 

実際に私は地方の銀行を利用していますが、月に3回までは手数料が無料で利用できるようにしています。そのための条件は

  • 給料を振り込む口座として登録する
  • 光熱費や通信費などを口座振替にする
  • 銀行の指定するキャッシュカードを作る

こんな感じだったと思います。たったこれだけで、手数料なしのストレスフリーです。

 

なので、あなたがメインで使用している銀行に同様のサービスがないかをチェックしてみましょう。

 

そんなサービスないよ!というところの方が少ないはずです。

 

意味がよくわからないという方は『〇〇銀行 手数料 無料』とかでググってみると、たくさん出てきますよ。

 

2つ目のよく利用するコンビニATMの口座開設ですが、これも便利な方法です。

 

続きは次で開設していきたいと思います。

 

f:id:seven-spot:20190927214621p:plain

コンビニのATMを利用することが多い人向け

日本で主要なコンビニは以下の4社。

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ

 

企業独自のカードが作れるのは次の3社。

  • セブンイレブン→セブン銀行
  • ローソン→ローソン銀行
  • ミニストップ→イオン銀行

 

この中で、あなたにとってよく利用をするチェーンのカードを作るだけで、手数料も無料にすることができる!ということです。

 

3社とも通帳がないので、いつでも手持ちのスマホなどで残高のチェックをすることができます。

 

迷った時の判断する材料は

  • 自分の生活する動線上にある店舗
  • 日常的によく利用する
  • 出張時などでもありそうな店舗

こんな感じでしょう。

 

3社それぞれ、電子マネーやクレジットと合わせて利用すると、ポイントも貯まります。貯まったポイントで買い物をすることも可能です。

 

この中でも、私は店舗数が一番多いセブン銀行のセブンカード・プラスを利用しています。

 

セブンカード・プラスの特徴は

  • 年会費が永年無料
  • 店舗数が多いので、どこでも安心して利用できる
  • 貯まったポイントは、日頃の買い物時に再利用ができる

セブン銀行と合わせて利用するには最適なカードです。

 

セブンカード・プラスを見てみる

 

 

まとめ:もう一度今の内容を見直して、減らせる手数料は減らそう

最後にまとめます。

  • ATMでの手数料は減らすことができる
  • メインで利用している銀行のページを確認してみる
  • いつも利用するコンビニのカードを作る

 

手数料の見直しをすることができること=日々の節約にもつながっていきます。

 

すでにやっている方は、もっといい方法はないのか?

まだの方は、ちょっと調べてみる価値アリです。