せぶんずろぐ

~コンビニエンスストアのおすすめ商品やお得な情報や好きなことを綴っています~

2020年にあった〇〇のことをまとめました!

興行収入300億円を超えた国民的大ヒット漫画の鬼滅の刃を、つい最近はじめて読んだという世の中のトレンドにかなりうといせぶんです。今日は「全集中の呼吸」をしながら記事を書いていくことにしました。笑

 

ということで、今回は2020年にあった出来事についてお話ししていきます。ちなみに世の中の出来事ではなく、書き手であるわたし自身のせぶんに起きた出来事をまとめていますので期待に添えなかったらスミマセン(笑)←そもそも添えるわけがない!

 

 

今回はブログっぽく目次付きで書いていきたいと思います。

 

 

2020年にあった出来事

f:id:seven-spot:20201223231332j:plain

今年はいろいろなことがあった年でした。毎年いろんなことがあるんだけど、今年ほど深く考えさせられた年はなかったと思います。その中でも大きく5つに分けて記録しておくことにしました。

1.コロナ時代の到来

まずはこれ、コロナです。

 

じつは2019年の12月に来年の1月から僕が勤務する店舗の異動を決めていまして、その移動する理由が「15年間ものあいだ前年割れをしている店舗の復活をさせる」という課題を自分に出していました。

 

もちろん自信はあったのですが、絶対に立て直します!とは言ったものの、当然リスクはあるわけで・・・。言ってしまった手前、もうやるしかない!という状況を作ることで、僕自身の逃げ場をなくしやるしかない状況をつくることにしました。

 

理由はシンプルで、「自分の実績を作るため」

 

ところがコロナウイルスという未知のウイルスが到来するという、予測をしない事態が発生し、一日一日と感染者数は増大していきます。記憶に新しいのは今年2月のクルーズ船での集団感染じゃないでしょうか。

 

あの時に感じたのはこれから先どうなるんだろうか?この感情を抱いたのは僕だけではないのではないでしょうか?

2.過去の栄光にすがる店舗の立て直し

そんな状況の中で異動をすることになってしまったのですが、一度決めてしまったことを覆すことをそう簡単に変えることはできません。

 

決めた以上はやり遂げるしかないんですね(ちょっと頭が硬い体質です)。

 

ここでは取り組んだ詳細は控えますが、結果だけを報告すると「1ヶ月で前年をクリア!」させました。

 

何か特別なことをやったというわけではなく、ただただ当たり前のことをやっただけ。たったそれだけで実績を作るということに成功しました。僕的には今年1番の収穫です。

 

これまでやってきたことが間違いではなかった!ということが証明できた瞬間。自信が確信に変わりました。

3.人生を変えたいという少年との出会い

そんなことに取り組んでいる最中に一人の少年と出会います。

 

その少年の話を聞いてみると「これまでの自分を変えたい!」とのこと。ここだけを聞くと、まぁよくある話だよなーとなるんですけど、まぁその子はホントにいろんなことを抱えていたようで(それは後日知ることになるんですが)、とりあえずウチで頑張ってみれば?と働いてもらうことにしました。

 

〇〇を変えたい!と思ったり願ったりする人って世の中にたくさんいると思うんだけど、じゃあそれだけで実際に変わるのか?というと変わるはずもありません。

 

その理由は明確で、そもそも行動してないし、そこに対する努力量が圧倒的に不足しているから。そんな簡単に変わるわけねーよ!という話です。

 

ちなみにその少年は?というと、今もお店で努力したりサボったりを繰り返しつつ仕事をしてくれています(本音をいうともうちょっと頑張ってね)。

4.会社員から個人事業主への転換

そんなこんなで自分の実績を作ることには成功したものの、きっかけは与えたはずなのであとは自分たちでやってね!と自分の店へ帰ったのですが、また新たな課題を見つけてしまします。

 

その課題とは「雇用する側と雇用される側」のどちらであるべきか?

 

安定を求めるのであれば答えは明確で雇用される側で間違いありません。でもね、たった一度の人生がそれでいいの?と毎日問いかけてくる自分がいたんです。

 

いろんな実績を作ったところで、それは組織のトップである人の成果として終わってしまうわけで、本当の意味で自分の実績にはならない。どうせやるんだったら、人生の履歴書に残しておきたいじゃないですか?

 

そんな考えから個人事業主=独立への道を選ぶことにしました。

5.オンラインサロンへの入会

その独立という選択をする後押しをしてくれたのが、このオンラインサロン。もちろん有料です(無料のオンラインサロンはたぶんないと思うけど)。

 

で、有料である以上はそこに「お金を払ってまでいる価値はあるのか?」という疑問が常に付き纏います。 理由はシンプルで失敗したくないから。

 

簡単に書いていますが、入会するまでに半年くらい悩みました。だって失敗したくないもん。当たり前でしょ?

 

人間って欲しいものは簡単に買うんだけど、これ買って失敗しないかな?とリスクを感じるものを買うときは簡単に買わないじゃないですか?これが購入者の心理で、見事にここにハマってました。笑

 

で、入ってみた結果は「間違いなかった」の一言です。

 

この記事を読んでくれている人で何かに悩んでいる人がいるとしたら、今ならこう伝えます。

 

「悩んでいる時間があったら、そこに全力で没頭してみるといいよ」と。

まとめ

全集中の呼吸で書き上げてみましたが、いかがでしたでしょうか?

 

僕個人のことなので、認知も人気もない状況ではまだまだ何も響くことはないかもしれませんが、 2021年は「何者か」になることを決めました。それがどのポジションなのか?ということまでは今はわかりません。

 

しっかり設計をして全力で没頭していきますので応援をしていただけると嬉しいです。

 

最後に共感ができる部分があればコメントをいただけると最高に嬉しいので、しょうがねえなー、書いてやるか!という方がいればコメントをお願いします。ニヤニヤしながらあなたのコメントを読ませていただきます。