せぶんずろぐ

せぶんずろぐ

~コンビニエンスストアのおすすめ商品やお得な情報や好きなことを綴っています~

週休二日を半年間続けて感じたことをまとめてみました

こんにちは、せぶんです

 

前回の更新から約1ヶ月以上空いてしまい、久しぶりの更新になります。

 

昨年の12月からはGoogleAdSenseの申請に挑戦したり、ブログのデザイン変更をしたり、自宅のネット環境を整えたり、本業が忙しくなってしまったり・・・と色々な変化がありました。

 

この他にも実は昨年の夏から私自身の勤務の時間帯が大幅に変わることになり、半年間ではありますが、週に2日間の休日を取ることが出来る様になりました。今回はこの辺りについて感じたことを書いていきたいと思います。

 

 

今の職場で働いてから

まずは私が今の職場(コンビニエンスストア)で働かせてもらうようになってからについて、お話ししていきたいと思います。

 

この職場では約20年近くお世話になっているのですが、サービス業という事もあり、残業も多く休日も取れない事もあったりと、今ではよく耳にするような「仕事とプライベートの両立」が出来るような状況とは程遠いような環境の時もありました。

 

今で言うブラック企業という分類に当てはまっていたのかもしれませんが、その当時から仕事に対してのやりがいもありますし、情熱を失ってしまうという事はありませんでした。

 

その為、私の場合は幸いなことに上記の理由からも継続して仕事を続けることが出来てきいます。このような仕事とプライベートの両立が難しいという状況の中でも頑張ることが出来た、という事が今では自分自身にとっての自信となっています。

 

その反面、ただただ会社のために頑張るとい事が素晴らしいというのも思いますが、今回の変化を機にもう無理をすることはやめようと決めることが出来ました。

 

そのお陰で仕事を続けることができましたし、それがまた自分自身の自信にもなっています。ただ、今回の変化を機にひたすら会社のために頑張る事をよしとするのではなく、無理をするのをやめてみようと思えたのです。

 

 休みが取れるようになった理由はこれでした

とは言え、週に1日は休むという事は当然ですし、無理をし続けると疲れてしまいます。

 

こんな働き方をいつまでも続けていると身体にも良くないな、という事も時間があれば考えていたのですが、昨年の7月に深夜の時間帯へのシフト変更を余儀無くされる出来事がキッカケに。あまりにも突然の事すぎて本当に驚いた事を覚えています。

 

ここを境に夜勤勤務をする事にはなったものの、週に二日間の休日を取ることが出来るようにはなりました。一般の企業では土日が続けて休日が多いと思います。

 

私の場合は夜勤への交代当初は日曜日と水曜日の二日が休みになっていた事もあり少し調整を行うことで、日、水→日、月の二日の休日を実現する事に成功。

 

これまではこんな感じでした 

これまではどのような状況だったのかと言うと、定期の休日は週に1日でこの1日すら休めないという事も当然のようにありました。

 

タイミングの悪い事に所定の休日と祝日が被った際は仕事が優先になります。代休が取れる時もありますが、シフト調整をする事が手間に感じてしまうと言う事もあり、もう今週はいいやと諦める事もしばしば。

 

何が手間なのかと言うと、自分の休日を入れると他の方の休日も変わってしまう為、結果的に複数の方のシフト調整が必要になります。

 

私自身が管理職をしているという事も強く関係していたのですが、やはりそこまで色々と調整をしてしまうと、急な変化を嫌に感じる方もいるのではないだろうかと先に考える事が多くなってしまう事となり、結果的には自分の休みは後回しでいいやと思うようになっていってしまった、というのがこれまでの流れです。

 

こうやって改めて振り返る事で客観的に見てみると、シフトの調整をした上でしっかりとコミュニケーションを取っておけば良かっただけでは?と過去の自分に対して思えるようになりました。

 

継続して週に二日間休んでみて感じたこと

 この他にもお話ししたいことはたくさんあるのですが、実際の所これまでと違って週に二日間休んんでみてどう感じたのか?と言うと、何だかすっごく楽になりました。

 

何が楽になったのかと言うと、気持ちも心も体も全てにおいてです。私を知る人からは、週休二日を開始してから間も無く「なんか表情が変わったね」とか「最近顔色が良くなった」などと言う言葉をかけられました。

 

この言葉を聞いた当初の私は、以前の自分はどんな感じで仕事をしてるように見えていたんだろうかと過去の自分自身を見つめ直すきっかけにもなった気がします。

 

自由に使える時間が増えることで家族と過ごす時間も格段に増えましたし、

 

次の休日は何をしようか?どこへ行こうか?

 

というような、これまでの自身には考える事が出来なかった事も出来るようになりました。一般的にはこれが普通なんでしょうけども、やっぱり予定が立てられるということは素晴らしい事です。

 

まとめ

最後にまとめてみると、やっぱり休日をしっかり取る事が出来るというのはプラスになる事しかありません。時間のゆとりや心のゆとりをうまく作るためにも休日の必要性というものを改めて認識する事が出来ました。

 

私のケースで書き出してみると以下のような変化がありました

・いつが休日なのかという事が明確になる事で、自由に使える時間を確保する事が出来るようになった

・仕事にとらわれる時間を減らす事で、分自身の心のゆとりを持つ事が出来た

・自分自身にゆとりが生まれてくる事で、周りの人に対しても接し方を変える事が出来るようになった

・家族との時間を取る事が出来るようになった事で、互いの関係性を良くする事が出来るようになった

  

この他にもまだまだたくさんあると思いますが、どのような事であっても結果的には自分自身や周りの方にとって良いことしかなかったように感じます。

 

以前の私と同じような環境の方もまだまだたくさんいるのではないかと思いますので、少しづつでも自身を取り巻く環境を変えてみることから始めてもらえればと思います