せぶんずろぐ

せぶんずろぐ

~コンビニエンスストアの商品やサービスの紹介とたまに雑記などもあるブログです~

コンビニエンスストアのレジでの接客業務をわかりやすく解説!!


f:id:seven-spot:20180513153951j:image

お疲れ様です、せぶんです。

 

コンビニエンスストアで仕事を行う際には必ずやらないといけないことがレジでの接客業務です。今回はこのレジでの接客業務時にどのようなことを行うのか?ということを解説していきたいと思います。

 

 

 

 

 はじめに

コンビニエンスストアにおいて行われているレジでの接客業務は主に次の5つに分けられます。

  • 商品の登録
  • 袋詰め
  • 現金またはその他での決済
  • 受付業務
  • その他

主な項目としてはこの5つになるのですが、これらを一つ一つ確認していきたいと思います。

 

商品の登録

1つめは商品の登録です。

この商品の登録については各々の「商品についているバーコードをレジ本体についているスキャナーで読み取ることでそれぞれの商品が登録が行える」仕組みとなっています。

では、バーコードがない商品の登録はどのようにして行うのか?ですが、簡易入力画面と呼ばれれる「タッチパネル式の画面で登録を行うことにより商品の登録が行える」ようになっています。

このようにコンビニエンスストアのレジでの商品の登録は

  • 商品のバーコードを読み取り登録を行う
  • バーコードのない商品についてはレジ画面で手動での登録を行う
という流れになっています。ちなみにですが、温める商品がある際はこの商品の登録中に先に温めておくことで、お客さんも店員さんも時間の短縮につながりますので活用してみてください。

 

袋詰め

2つ目は袋詰めについてです。

コンビニエンスストアでは店員さんが商品の袋詰めを行うようになっています。商品の登録が終わると袋詰めの作業に入るのですが、購入した商品をぐちゃぐちゃに袋へ詰められるとがっかりされますので、出来るだけきれいに行えるように工夫をしていきましょう。

袋詰めを行う際のポイントをいくつか挙げてみたいと思います。

  • 買物の量に適したサイズの袋を用意する
  • 商品の陳列時と同じようにきれいに入れていく
  • 無理やり詰め込みすぎない
  • 温かい商品と冷たい商品は別々にする
  • 必要な消耗品を最後に袋の角のスペースへまとめて入れる

このようなものがあげられます。慣れるまではすこし大変かもしれませんが、商品の登録中に適正な袋を考えられるようになるとスムーズに作業が進められるようになります。

 

現金またはその他での決済

 3つ目は支払いについてです。

商品代金の支払いには下記にあげるいくつかの方法があります。

  • 現金による支払い
  • 電子マネーによる支払い
  • クレジットによる支払い

他にもありますが、大きくわけるとこの3つに分かれます。現金での支払い時には釣銭が発生するケースが多々ありますので、受け渡しの間違いには注意が必要となります。このほかにも食事券やクオカードでの支払いなども出来るようになっています。

 

受付業務

4つ目は受付業務と呼ばれるものです。

コンビニエンスストアでは下記のようなサービスもあります。

  • 公共料金の支払い
  • 宅配便の受付
  • インターネット商品の支払いや受取

この3つが主な受付サービスになります。公共料金の受付とは、電気やガス、水道や電話代などの代金の支払いの事を言います。コンビニエンスストアでの公共料金の支払いはバーコード部分を読み取ることで受付を行いますので、これが無い時は受付が出来ません

 

宅配便の受付は、各チェーンにより契約している企業がありますので手順などは異なりますが、受付そのものについては行っていると思います。インターネット商品の支払いなどについても受付自体は難しいものではありませんので安心してください。

 

その他にも

 その他にはコピー機、ATM、などの操作方法や〇〇への道案内なども時折発生します。ATMの操作については間違いが発生するとトラブルの原因にもなりますので、専用の問い合わせ窓口へ案内したほうが良いようです。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はコンビニエンスストアのレジ接客業務にスポットを当ててみました。もう一度確認していきたい思います。

主なレジでの接客業務は下記の5つ。

  • 商品の登録
  • 袋詰め
  • 現金またはその他での決済
  • 受付業務
  • その他

でしたね。

商品の登録は商品のバーコードを読み取ると登録が行えます。バーコードが無い商品については画面上での登録を行う、でした。

また、袋詰めについては買い物量に適したサイズの袋を使用し、無理に詰め込みすぎない。

支払い方法は現金、電子マネー、クレジットの3つが主な支払い方法でした。釣銭が発生する際には現金の受け渡し時に注意が必要です。

受付業務は公共料金、宅配便、インターネットの受付などがあげられます。その他にもコピー、ATMなどの操作方法を案内することもあります。

 

※具体的な業務や操作方法については各チェーンにより異なりますので、全体像というかたちで表現をさせていただいています。その他詳細についてはマニュアル等が各々のチェーンごとに存在すると思いますので、そちらでもご確認ください。

 

 コンビニ商品の陳列方法について業務内容をまとめた記事もあります。こちらもご覧になってください。

www.sebuns-log.com

 

・プライバシーポリシー ・お問い合わせ