せぶんずろぐ

せぶんずろぐ

~コンビニエンスストアの商品やサービスの紹介とたまに雑記などもあるブログです~

コンビニ経営者(オーナー)さんの業務~経営を行う際の3つのポイント~


f:id:seven-spot:20180523171220j:image

お疲れ様です、せぶんです。

 

コンビニエンスストアの経営を行う経営者の方をオーナーさんというのですが、オーナーさんの行う仕事とはどのようなものがあるのでしょうか?今回はこの経営者の仕事内容について紹介していきます。

 

 

 

はじめに

いろいろな商品の販売と様々なサービスを展開しているコンビニですが、未経験の方やあまり経験がない方が独立をされているケースも多々あります。基本的には加盟店との契約後に一定期間の研修というものが実施されるのですが、この研修期間だけで業務を習得することはかなり難しくなっています。

 

なぜか?というと覚えるべき業務や各チェーンごとのルールなどがかなり多くあるからです。経験のある方ならともかく、脱サラをして初めてコンビニ業に携わるようになった方などが最初につまづくところがこの覚えるべき事の多さだと思います。

 

わたしも実際に研修を受けた経験はありますが、正直なところあれだけの期間で数週間後にはい!〇〇からオープンしますのでよろしくお願いします!といわれてもかなり大変だろうということを感じました。ですが、お店のオープンは決まっていますので店は開けるしかありません。そんな状況の中で経営者の方がやるべきいくつかのポイントをこれから紹介していきます。

 

経営者の仕事とは

では経営者であるオーナーさんが行うべき仕事とはどのようなものなのか?というと大きく分けると以下の3つに分かれます。

  1. 人材の管理
  2. 商品の管理
  3. お金の管理

この3つの他にもやらなくてはならないことはありますが、この3つをきちんと管理できるようにならないと長期で行った契約期間を良い結果で満了、または更新・継続するという事はできません。それくらい重要な要素が含まれています。

 

経営者であるオーナーさんは店舗内外の業務を行えるようになることはもちろんですが、本来やるべき業務というのはそっちではありませんよという事なんですね。経営が上手な方ほど人に任せて業績を伸ばされたり、店舗数を増やしたりというような形で活躍されてます。長期的に見てみると実はこれが一番いい経営のやり方なんですね。

 

3つの管理の内容

次に「人材の管理」、「商品の管理」、「お金の管理」について具体的に紹介していきます。

1.人材の管理

店舗運営を行うのがメインの業務となりますので、まずは働く人がいないことには始まりません。そこで働く従業員さんの面接・採用・教育という部分までしっかり行わないことには経営者であるオーナーさんがゆっくり休むという状況が作れなくなってしまいます。

 

良い従業員さんが増えることで接客レベルも向上し、店舗イメージもよくなります。そうすることで店舗の業績も少しづつ伸びていきますので、オーナーさんも心理的にゆとりをもって経営に専念が出来るようになるという仕組みです。

 

2.商品の管理

店舗を利用されるお客様は商品を購入するために来店されています。せっかく買い物に来たのに商品がない!では顧客の新規開拓はおろか、リピートも失ってしまう危険性があります。こうしたことを防ぐためにも適正な商品の管理が必要となるわけです。

 

この商品の管理についても将来的には人に任せられるように、自身で行うより出来るだけ早い段階で人に任せることでオーナーさんの作業量を減らすことにつながります。作業量が減ると時間が作れるようになりますので、その時間をまた別の事に充てれるようになるというわけです。

 

3.お金の管理

運営を行う中で売上金や釣銭、従業員さんの給与支給、商品の支払代金や消耗品など、さまざまなお金に関する管理業務が発生します。これらの大半は事前に準備を行っていないと釣銭が不足したりしてお客様と従業員さんに迷惑をかけてしまうようになってしまいます。

 

このお金の管理については人に任せることも可能ではありますが、不正などにつながるケースもありますので、定期的に確認を行うなど「見てますよ」という意識づけを行うことが重要です。

 

その他に行う事

この3つの管理業務のほかにも全体を把握することで、経営の指針を出してあげるということがあげられます。これを経営方針ともいうのですが、基本的にはオーナーさん一人で行うものではありません。本部のSVといわれる方たちと連携を取りながら毎週の方針などを掲げていくことも大切な業務の一つです。これが出来ていないと業務に滞りが発生するケースもありますのでご注意ください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?一言で経営者というとイメージが湧きにくいと思いますが、コンビニの経営者であるオーナーさんはこのような業務を行っています。慣れるまでは大変な業務ばかりですが、ある程度の経験を積む事でやれるようになります。このほかにも従業員さんと一緒にレジをしたり品出しをしたり。なんでもやれるのがオーナーさんの仕事という事なんですね。

 

  • オーナーさんが最優先で行うべき業務は人材の管理、商品の管理、お金の管理の3つ
  • 人材の管理は従業員さんの面接、採用、教育などのこと
  • 商品の管理はお店の品揃えを充実させること
  • お金の管理は売上金や釣銭、従業員さんの給与などの管理のこと

でした。最終的には人に任せることが可能なことばかりですので、一人で業務jを抱えすぎないようにすることが成功への秘訣かもしれませんね。

 

続けてこちらの記事もどうぞ

 

www.sebuns-log.com

 

・プライバシーポリシー ・お問い合わせ