せぶんずろぐ

せぶんずろぐ

~コンビニエンスストアの商品やサービスの紹介とたまに雑記などもあるブログです~

ドミナント戦略を行う事のメリットとデメリットについて

 
f:id:seven-spot:20180509212804j:image

お疲れ様です、せぶんです。

 

今日は記事の整理を行っていたのですが、その中で後日書きます、みたいな内容の文章を見つけましたので、それをまとめていきたいと思います。

 

 

ドミナント戦略について

ドミナント」という言葉を聞いたことはありますか?ドミナントドミナント戦略などのような表現でよく使われるフレーズなのですが、これはある特定の地域にまとめて店舗などを出店していくことを意味しています。

 

 このドミナント戦略を行っているのは、フランチャイズシステムで行っているコンビニエンスストアマクドナルド、ファミリーレストランやスーパー、一部のドラッグストアなども行われているようです。

 

ドミナントを行うメリット

では、このドミナントを行う事で得られるメリットとデメリットを考えてみたいと思います。

 

まずはメリットからですが、

  1. 特定の地域に集中的に出店するので、企業イメージが浸透しやすい
  2. 商品の物流システムのコストを削減できる
  3. 地域の志向などに合わせた商品開発や戦略を組み立てていくことが可能になる

このようなものがあげられます。

 

次は一つずつ分析してみましょう。

 

1.の特定の地域に集中的に出店するので、企業イメージが浸透しやすいですが、過去に出店の実績がない地域に店舗を展開していく際には、1店舗だけでなく複数の店舗で出店を行っていく傾向があるようです。

その理由は展開を行うことで地域の支持率(シェア)を上げることと、固定客を捕まえることなどが考えられます。

 

また、2.の商品の物流システムのコストを削減できるともつながってくるのですが、店舗数が一つの地区に集中することで、商品等を納品する業者さんなどの作業効率化も図れます。

例えば、「10店舗を一つの地区に展開」したケースと「2つの地区をまたいで各5店舗で展開」を行ったケースでは、1つの地区に10店舗を展開しているほうが各店舗間の移動距離も少なくなると思われますので、配送を行う側の視点から見ても便利なんですね。

 

そこに併せて、3.の地域の志向などに合わせた商品開発や戦略を組み立てていくことが可能になることで商品の開発コストや、その商品から回収できる売上も当然高くなりそうに見えます。

 

このようなことを行う事で、それぞれの業界ごとに他競合が入ってきにくいと思うような環境を作っていっているんでしょうね。

 

デメリット

次にデメリットを考えてみたいと思います。

  1. 店舗数が増えることで、ひとつひとつの店舗ベースでみると売上は下がる
  2. 出店が過多になってくると人材の確保が難しくなる
  3. 売上の変化によるモチベーションの低下が発生する

などが考えられます。

こちらも分析してみると、1.の店舗数が増えることで、ひとつひとつの店舗ベースでみると売上は下がるですが、当然ながら対象となる地区の人口は変化しませんので最終的には同業者同士での顧客の奪い合いに発展します。

1杯のコップの水を2つ3つに分けると、コップの中に残る水は少なくなります。これと同じような現象が発生するわけです。

 

次に2.の出店が過多になってくると人材の確保が難しくなるですが、1.と同じように後発の店舗になればなるほど、人材の確保が難しくなると思われます。なぜなら、基本的には仕事を今現在は行っている為、職場を変える必要性がないからです。

こちらに関しては一概には言えない部分もありますが、2極化していく恐れがあると思われます。人材での苦労は避けたいですね。

 

3.の売上の変化によるモチベーションの低下が発生するについては、それまで100あった数字がドミナントにより70や80に低下してしまうという現象が基本的には発生するために心理的な面でも疲れてしまうケースが発生してしまう、ということが予想されます。

 

これらは予測的な見解も含まれますので、必ずしもこのような結果になるという事ではありません。大切なことは上記のようなケースが発生しうる要素が含まれている、という事を認識ができるかどうか?ということだと思います。

 

デメリット側へのその他の対策としては 、顧客側の心理をしっかりと読み取り、その思考をサービスへとつなげ続けていくことなんでしょうね。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はドミナントについてのお話でした。もう一度確認してみましょう

  • ドミナントとは特定の地域に出店をおこなうこと
  • フランチャイズシステムの飲食店やコンビニ、ファミリーレストランやドラッグストアなども行っている
  • ドミナントを行うメリットは集中的に出店を行う事で、チェーンのイメージや物流、商品のシステムの効率化を図ることができる
  • デメリットは、一つの店舗で見ると売上やそれに伴うモチベーションの低下の可能性が含まれる

ということでした。

 

顧客の心理や思考をうまく読み取る能力と、それらをサービスとして提供し続けていくという能力も必要なのかもしれませんね。

 

ではこのあたりで失礼しますm(__)m

・プライバシーポリシー ・お問い合わせ