せぶんずろぐ

せぶんずろぐ

~コンビニエンスストアの商品やサービスの紹介とたまに雑記などもあるブログです~

面接に受かる人と落ちる人の違いとは・・・?!~バイト編~

お疲れ様です、せぶんです。

ご訪問ありがとうございます(^^)

 

今回は「面接に受かる方と落ちる方の違い」について考えてみようと思います。

みなさんはアルバイトをされた経験はお持ちでしょうか?

初めての面接のときの緊張感と言ったらとんでもないですよね?その時に何を話したか

なんて覚えてないかたの方が多いと思います。

 

面接をしてもらうという事は当然、採用、不採用の連絡もあるわけで・・・。

不採用の際の喪失感はできるだけ経験したくないものです。

 

実はわたしも学生の頃にアルバイトの経験があるのですが、その当時は今のように

iPhoneスマホなどが存在しない時代でしたので、たまに新聞に挟んである折込チラシ

でバイト探しをやっていました。

 

これから頑張ってバイトで稼ぐぞー!という思いからいろいろな情報を基にアポイント

を取り面接→採用へとなっていくわけですが、面接時はそもそもあの短い時間で何を

判断されているのでしょうか?

 

 面接日時の確定

まずは仕事をするにあたり、面接を受けたい職場の確定、実際に募集をしているの

か?の確認をします。募集をしているのであれば面接の日時を働きたい職場の方で決め

て頂かなければなりません。

職場の方へ電話連絡を行う際には次の事をあらかじめ整理しておくと話がスムーズに進

みます。

  • いつから働きたいのか?(具体的な時期)
  • 希望の勤務時間帯と勤務日数
  • 一か月の大まかな収入
  • 働ける期間(短期、長期、学校の卒業までなど)
  • 両親の許可と学校側の許可(学生さんの場合)

ほかにもいくつかありますが、最低限このようなことを整理しておくことをおすすめし

ます。理由は「面接の際に質問されると思われるからです。

出来る準備は事前に行える人になっていれば、自分自身の為にもなりますし。
自信をもって受け答えが出来る人って好印象を持たれることが多いです。
 

面接時の注意点

面接日時の予約が取れれば、次は実際の面接に入ります。

ここではどのようなことに気を付けるべきなのかをまとめてみます。

  • 面接時間の10分前には面接の会場(店舗)へ入る
  • 受け答えは「ハキハキ」と自信をもって質問に答える
  • 質問されたことと関係のない話はしない
  • 面接官の目(顔)を見て話をする
  • 感情の表現(喜怒哀楽)をうまく活用する

などが考えられます。

例えば、面接の開始時間が13:00からだったとします。あなたは何分前に現地へ

入りますか?ゆとりをもって30分前?それとも15分前?いや10分前でも大丈夫

なのか?

 

立場を逆にして考えてみる

これについてはあなたが面接をする側だったら?で考えてみます。

もちろん面接をする側も事前の準備は行っています。が、あまりにも予定の時間より早

く来られても迷惑になる(と感じる)ケースだってあります。

万が一、面接が立て続けに入っていれば面接官の方も当然疲れていることもありますよね。

ですので、10分前くらいに伺ったほうが双方にとって良いと考えます。

 

他にも・・・

次に受け答えはハキハキと行うことです。人は第一印象を5秒前後で判断しますので、

ここをしっかりこなさないことには採用への道が厳しくなります。やっぱり「元気」が

一番という事なんでしょう。

わたしも面接をした経験がありますが、やはり自信なさげに話をされる方や声が小さ

い、聞き取りにくい方はどうしても頼りなく感じますし。

また、話好きな人も気を付けて頂きたいのが質問されている内容と全く関係のないこと
を話すことです。これ以外とよくありがちなので気を付けてください。
他にも、今の方は人と話をするときに相手の目や顔を見ないまま話をする傾向があります。面接の際は一対一、または面接官が複数のケースもあると思われますが、必ず質問をされている方や面接官が複数いる場合にはほかの面接官の方へも目線や顔を向けて話をするようにするべきです。
 

最後に

いろいろと書かせていただきましたが、上記のことと合わせ大切なことは感情表現がど

れだけうまくやれるか?だと思います。

やはり、お互い人ですので無表情に自分の事や質問に答える方よりも、表情豊かに笑顔

なども出しながら話をしてくれる方の方が好印象になることは間違いありません。

 

面接時の時間については働く職場の面接官により異なってくるとは思いますが、うわべ

だけの知識ではなく、応募者の人格や中身がどんな人物なのか?をいくつかの質問の中

で判断されているんですね。

 

わたしもよく面接をさせていただいていますが、約束をした面接時間の30分以上前に

店舗へ来られる方、10分前に来られる方、5分前やギリギリに来られる方など、いろ

いろな方を見てきました。ちなみに面接の約束だけして来ない、という方もよくいらっ

しゃいます。

 

面接に受かる人とは

このように、「目標達成のための事前準備」「相手方への気遣い」「上手なコミュ

ニケーション」が取れる方が受かりやすい傾向にあるのでは?と考えます。

逆にそれらの事がやれていない(やらない)方が苦労をされているのでしょう。

どちらが良いのかは一目瞭然。ぜひ試してみてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございますm(__)m

・プライバシーポリシー ・お問い合わせ