せぶんずろぐ

せぶんずろぐ

~コンビニエンスストアの商品やサービスの紹介とたまに雑記などもあるブログです~

基本4原則 ②クリンリネス

ご訪問ありがとうございます(^^)

 

前回は基本4原則の一つ「フレンドリーサービス」についてまとめてみました。

今回はクリンリネスについてお話させていただこうと思います。

 

 

 クリンリネスとは?

「クリンリネス」は清掃の業務を意味します。

同じような単語で「クレンリネス」という言葉もあります。

加盟するチェーンにより言葉の使われ方は違いますが、ポイントは「こまめに清掃を行うことでキレイな状態を保つ」ことです。

 

例えば

ある店舗にAさんとBさんという二人の従業員さんがいたと仮定します。

年齢や勤続年数は同じ。トレーニングも同じ内容で行いました。

ある日、AさんとBさんそれぞれに店舗外の駐車場清掃をお願いしたときの事です。

 

≪例≫

オーナーさん「Aさん、駐車場の清掃をお願いします」

Aさん「はい、わかりました」

同様に・・・

オーナーさん「Bさん、駐車場の清掃をお願いします」

Bさん「はい、わかりました」

 

Aさんが清掃した後は、レシートやたばこの吸い殻も見当たらないくらい清掃できています。

ところが、Bさんが清掃した後の駐車場にはあれ?本当に清掃したのかな?

と思ってしまうような状況でした。

 

責任者などでトレーニングをされた事がある皆さんは経験がありますよね?

なぜ、このような状況が発生してしまうのでしょうか?

 答えはBさんが駐車場に落ちているレシートや吸い殻を「ゴミと認識していない」からです。

私もこのやり取りは何度となく経験しましたが、きちんとやれるまでには時間と労力がかなり必要になります。

 初めからやれる方ばかりではありませんので仕方はないのですが。

 

ポイントは気づいた時にやること

クリンリネスの基本は「汚れたらすぐに清掃を行う」ことです。

店舗の外では駐車場や近隣の道路沿い、側溝、ゴミ箱の周辺、雑草は生えていないか?

など、こまめにチェックを行うことが大事です。

また、店舗内ではカウンターの周辺、入り口のマット、コーヒーマシンやその周辺、おでん、揚げ物商品、中華まん、その他のオープンケース(温度管理されているもの)やゴンドラ(お菓子などが陳列されている棚)なども同様です。

そして一番大事な個所はトイレです。

 

何故かというと、コンビニエンスストアにおいて大切な女性客の方々を取り逃すことにつながってしますからです。

いやいや・・・。 男性客の方々は大切ではないのか?と感じられる方もいらっしゃると

思いますが、それはまた別の記事にて書かせていただきます。

 

お客様目線で考えた際に、清潔感がなく衛生的な環境に陳列された商品(食品)を目にされた時どう感じられてしまうのか?

これについては「商品価値」という言葉がありますが、各々の商品価値を高めるのも低くするのもその商品が陳列、販売されている状況一つで変化します

 

おでんを例にしてみると

例えば、年に数回セールを行っている「おでん」を例にしてみましょう。

C店とD店があったとします。

どちらの店舗も販売什器内に仕込まれている具材のアイテム数と仕込み数は

同じだとします。

C店のおでん什器周辺、カウンター周辺は常に衛生的かつ整理されています

D店のおでん什器周辺には、おでんのスープや汚れがお客様の目に付くところに

散乱してます。おや?カウンターの上にもいろいろと置いてあるようです。

 

あなたがお客様だとしたら、どちらの店舗のおでんを購入したいと思われますか?

大半の方はC店のおでんを購入されるであろうと思います。

 

商品価値にも関係してくる

そもそも、ひとつひとつの商品に設定されている価格というのは、その商品が「納品された時と限りなく近い状態で陳列されている事」「陳列されている売り場がその商品価値を落とさない状態であること」が最低限必要と思います。

これを満たせていない場合は、その商品の価値を落としてしまう、ということにつながります。

皆さんが日頃利用されている店舗や勤務されている店舗はどうでしょうか?

 

コンビニエンスストアでは約3000アイテムの商品が品揃えされていると以前記事にもさせていただきましたが、それらひとつひとつの商品を販売するまでには各メーカーさんの中でも多くの社員さんの時間と労力がかかっています。

 

販売する側である私たちはその光景を直接目にすることはありませんが、私たちの知らないエピソードやドラマがそこには詰まっています。

 

そんなメーカーさんの企業努力をプラスまたはマイナスへ持っていくかは、その商品を販売している私たちの環境によって変わります。

そのような視点で物事を見れる視野の広さを持つことが出来れば、その後の価値観にも変化が現れるかもしれません。

私たちが何気なくレジで登録している、ひとつひとつの商品にそのようなストーリーがあるなんて考えたこともありませんよね(笑)

 

まとめ

いかがでしたか?今回はクリンリネスについてお話させていただきました。

常にクリンリネスを行うことで得られる効果としては・・・

①商品価値を上げることができる

②商品の販売力が上がる

③女性客(主に)の取り逃しを防ぐことができる

 

他にも様々な効果があるのですが、別の機会に書かせていただきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m

 

続けてこちらもどうぞ

 

 

www.sebuns-log.com

 

・プライバシーポリシー ・お問い合わせ